どんな投資においてもリスクはつきものです。たとえその商品が金であっても変わりはありません。そのため、投資ブームといわれる一種の投機現象には気をつける必要があります。投資においての確実なリターンは、周りに踊らされないことです。金といえども、投資なのだということをしっかりと認識して、自分なりに市場分析をしていく必要があるといえます。ここ最近の金の相場はあまり安定していませんが、こうした時が一番投資のチャンスになりうる可能性があるともいえます。というのも今までの相場感は金は絶対に値下がりしないといった、まるでバブルのときの日本と同じ状況がここにもあったといえます。そのため、多くの人たちが投機に走ったため、一度値下がりすると、暴落というレッテルを貼ってしまします。しかし、そもそもが金は値下がりするという前提で投資をしていれば、値下がりに怯えることはないはずです。そのため、投資ではなく投機なのです。現在はむしろ正常な相場に戻ったいえます。そのため、今だからこそしっかりと動向をチェックしていく必要がでてくるのです。大衆の流れに乗ることは安心し丸が、リターンが得られるとは限らないことは、既に私たちは知っているはずです。