金CFDとは

| 未分類 |

商品先物の金取引に似た金融商品に金CFDというものがあります。基本的な仕組みは同じです。商品先物取引よりも少額から始めることが出来て2万円くらいから可能となっているので商品先物取引より気楽に始めることができます。商品先物と一緒で業者の自分の口座に証拠金を預ければレバレッジ20倍なら証拠金の20倍以内の投資が可能なので少ない元手で大きな利益を上げることが可能なのが大きな魅力の一つとなっています。逆に大きな損失につながることもあるのでリスク管理はとても大事になってきます。CFD取引は商品先物取引よりも最低購入単位が小さいので少ない元手で取引を開始することができるのです。商品先物取引と同様に買いからも売りからも入ることができます。このCFDは商品先物取引と同様に次のような機能があります。現物商品の価格変動に対するヘッジ機能の場、公正な価格の形成の場、需要と供給(生産と消費)の調整の場、資産(資金)運用の場。このように商品先物取引と同様な機能を持つCFDの出現は我々に多様な選択肢を与えてくれる望ましい一面があります。CFD取引は最低購入価額が商品先物のの価格の1000倍に対して100倍くらいと10分の1で済みますので個人の場合特に資産運用の場として優れています。