投資方針

| 未分類 |

IT化社会の波に乗り、自宅にあるパソコンで投資を行うかたが年々増えています。それに伴い、各投資会社では顧客のニーズに応るべくさまざまなサービスを提供するようになり、素人でも気軽に投資が行えるようになりました。株やドル円、金や先物など、個人にはあまり縁のなかった商品が手軽に扱えるため、幅広い年齢層の方々が資産形成に励むようになりました。ボタンひとつでカンタンに注文ができるのも、投資ブームの魅力に一役買っています。

しかし全国的に投資熱が高まる一方、数百万円、数千万円単位という”大きな損失”を出してしまうケースも多々見受けられます。投資に使う金額を証券会社から借り入れる”信用取引”なども一般に広まっていたため、損失額が大きくなってしまう傾向にあるのです。
「安定した勝率を獲得してから信用取引を行う」または「信用取引は使わない」など、自分なりの投資方針を硬く誓ってから投資を始めることをオススメします。

周囲が数百万単位、もしくは数千万単位という多額の金額で取引している渦中にありながらも、自分の決めたルールを守り続けるという意思を貫く”つよい決意”が重要となるのです。メリットとデメリットを感情論抜きで比較対象できる強い意志こそが、後々あなたの資産形成に大きく役立ってくれることでしょう。